MENU

動悸で病院の何科を受診すればいいのか

スポンサーリンク

胸が痛いと感じることがあります。
このときに動悸の疑いがあると考えることができます。
動悸とひと言で言っても、さまざまな症状が現れるようになっています。
脈拍が早くなったり、胸が痛くなったり、階段の上り下りをしたときにドキドキするというような症状が現れることがあります。
数秒間発作があるというような場合には、必ずしも病気の可能性があると考えることはできませんが、数分以上症状が続くと言うことになれば、何か病気の可能性があると考えることができます。
したがってそれを判断するために病院を受診する必要があります。
そこで気になるのが、動悸の際には病院の何科を受診すればいいのかと言うことです。
動悸の際に何科を受診すればいいのかというと、病院では心臓内科や循環器内科や循環器科を受診するようにします。
ここでは、心臓と血管に関して診察をしてくれるようになっています。
必ずしも心臓が関係していると言うことではありませんが、一番危険な病気が心臓となります。
したがって優先順位を付けて何科を受診するか決めるようにします。
ここでは詳しい検査が行われています。

スポンサーリンク

具体的には病院でどのような検査が行われているのかというと、心電図検査が行われるようになっています。
その中で24時間心電図を付け続けるという検査が行われています。
24時間の間に症状が出ると言うことがないので、必ず詳しい診断ができると言うことではありませんが、一般的に行われている心電図よりも診断がしやすくなっています。
24時間付けたまま日常生活を過ごすのは大変ではないかと考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
マッチ棒程度の大きさとなっているので、日常生活に支障が出ることはありません。
ドキドキするという症状が出てきたときにボタンを押すという非常にシンプルなものです。
したがって病院を選ぶときには、この検査を実施しているところとなります。
動悸の原因として考えられるのは次の3つとなります。
それは生理的なものと心臓以外が原因となっているもの、心臓が関係しているものとなります。
生理的なものに関してはストレスの影響が大きくなっています。
心臓以外の病気に関しては、精神的なものや心臓以外の病気が考えられています。

スポンサーリンク