MENU

夜中に起こる動悸や吐き気を伴う病気とその原因について

スポンサーリンク

夜中眠っているときに動悸や吐き気を感じたことはありませんか。安静にしている状態での動機や吐き気は通常あまり見られません。もしかしたら何かの病気の原因になっているかもしれません。ここでは、考えられる病気について調べてみました。

 

【夜中に注意!動悸、吐き気などが考えられる病気とは】
普段とは違う夜中の動悸、吐き気というのは、とても不安な状況です。夜中の暗さが余計に不安をあおるような気がしますが、これらは何らかの病気のサインかもしれません。動悸とは、いつもは感じない胸の鼓動で、自分でわかるほどの強い鼓動です。極度の緊張状態や激しい運動をした後に起こる場合は自然な現象ですが、何もしてないのに起こるのはやはり原因があるようです。まずは、心臓に関係する持病がある場合、バセドウ病などホルモンのバランスによる場合、精神的肉体的なストレスなど多岐にわたります。吐き気も単純な胃腸の不調などの他、精神的なもの、自律神経などの神経的なものなど広範囲の原因により起こります。これらの中から特定するのは大変難しいのですが、なるべく早めに医療機関を受診し、その原因を突き止め、対応しましょう。

スポンサーリンク

【いろいろな対処方法】
夜中に動悸や吐き気がある場合は、まず原因を特定して、病気がわかれば、それを治療することが先決です。心疾患など重篤な原因が隠れている場合が多く、病気もやはり命にかかわるようなものが多く該当します。これらが起こる単純な原因の一つとしては、カフェインなどの大量摂取の場合も考えられますが、その場合は夜中に摂取するのは避けましょう。カフェインにより興奮状態になる場合があり、動悸や吐き気を助長する可能性もあります。精神的なストレスや病気などからも、動悸や吐き気を伴うため、自分なりのストレス発散方法を見つけることが大事です。まれに脱水症状からなる動悸もありますので、夏場やお風呂上りなどまめに水分補給をしましょう。

 

夜中に起こる動悸や吐き気は、夜中というだけでも不安なものです。原因をいち早く特定し、病気があれば早い治療をしましょう。精神的なストレスが原因であれば、自分なりの上手な解消方法を見つけたり、生活習慣を正すなどの改善を試してみましょう。

スポンサーリンク