MENU

ソラナックスという薬の成分と動悸の関係

スポンサーリンク

ソラナックスという薬は、大変便利なのですが、その成分によって動悸等の副作用を起こすことがあります。

 

【ソラナックスという薬の成分と薬効】
ソラナックスとは、心身症に伴う不安、抑うつや睡眠障害等の精神症状を改善する薬です。日本では、一社から発売されています。本剤の主成分は、アルプラゾラムといいます。この成分は、脳内にあるBZD受容体と結合することで、リラックス系の神経を活性化させます。

 

胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、自律神経失調症等における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつや睡眠障害等によく効くので、これらの症状がある場合には、比較的早い段階で処方されます。神経症、心身症や更年期障害等に伴う、あらゆる精神症状に対して使われているのが特徴です。

 

鎮静作用の他、筋弛緩作用や催眠作用、抗痙攣作用もあり、自律神経調整剤などにも利用されます。また、強弱などによる種類もたくさんそろっている薬なので、パニック障害や強迫神経症等、いろいろな場面で利用されています。

スポンサーリンク

【ソラナックスの成分と副作用】
ソラナックスの主成分であるアルプラゾラムは、、リラックス系の神経を活性化させると述べました。

 

ソラナックスの服用によってリラックス系の神経が活性化することによって、色々な副作用が生じることがあります。たとえば、眠気、めまいや倦怠感等です。さらに危険な副作用として、呼吸系の筋肉の働きが弱まるため、呼吸抑制が発症します。呼吸が抑制されることによって、頭痛、息切れや動悸等を感じるようになります。また、不安感を感じたり、判断力が低下します。

 

呼吸抑制による頭痛、息切れや動悸等を感じることは滅多にないはずですが、もし服用初期に動悸等を感じた場合は、必ず医師や薬剤師に相談して下さい。特に心障害のある方が動悸等を感じた場合には注意が必要です。

 

繰り返しになりますが、ソラナックスの服用によって動悸等を感じた場合には、速やかに医師の診察を受けるようにして下さい。

 

ソラナックスという薬は、動悸等の副作用を起こすことがあるので、成分と効果をよく理解して使用しましょう。他の薬を服用している場合は、必ず医師に相談して下さい。

スポンサーリンク