MENU

動悸の原因と動悸を抑える動悸薬の副作用について

スポンサーリンク

原因が分からない慢性的な動機に悩まされている方がおられますが、症状を抑えるための動悸薬には副作用もあるようです。どのような副作用があるのでしょうか。

 

【薬に「頼る」という怖さ】
依存症、という言葉は誰もが聞いたことがおありかと思います。意外と危険性が周知されていないのは、薬への依存症です。『薬物依存症』とも言います。これは大麻や覚せい剤など非合法のものへの依存だけを指すのではなく、市販されている、本来は症状を緩和する目的等で販売されている薬への依存もそれに含まれます。では、どのような症状において薬に依存する危険性があるのでしょうか。『動悸』という症状について考えてみましょう。

 

【市販薬への依存症】
動悸という症状は、原因が病気であるものだけではなく精神的なストレスが原因の場合があります。動悸を抑える薬(動悸薬と表記します)には市販されているものがいくつかあり、それらは服用することによって確かに動悸という症状を抑える効果が期待できます。ただし、使用には当然副作用という代償を伴う場合があります。副作用として動悸の症状そのものがひどくなる場合もありますが、同じくらい怖いのが動悸薬への依存という副作用です。動悸が習慣的になると推奨されている服用よりもより大量に服用するようになってしまい、それが悪循環を招きます。動悸薬が無ければ生きていけないような状態になる可能性もあります。

スポンサーリンク

【動悸薬への頼り過ぎは禁物】
もちろん動悸薬は動悸という突発的に発生する症状を抑えるためには良いものです。しかし使い方を間違えると依存症にもなり得ることから、十分注意が必要です。同時に、そもそも動悸が発生している原因を突き止め、治療が必要であれば何よりも先に原因の治療を行わなければなりません。特に、心臓に起因する病気の場合、命に関わる危険があります。

 

【誰でもその危険はある】
動悸という症状そのものに関しても、またその症状を抑えるための動悸薬への依存という副作用に関しても、皆等しくそれに陥る危険性はあります。薬に頼らなければいけないような状況を改善する必要があるかもしれません。また、他の何らかの病気が原因と思われる症状を併発している場合、迅速に検査をする必要があります。

 

薬を使う上では依存症などの副作用にも注意しなければなりません。また動悸が発生する原因がある場合その治療が最優先です。

スポンサーリンク