MENU

動悸に効く薬に即効性はある?

スポンサーリンク

動悸という症状を抑えるために、薬を用いることがあります。これには、即効性があるのでしょうか。

 

【厄介な症状、動悸】
基本的に若い人よりも、年齢が高い人の方が経験しやすいとされている動悸、しかし年齢が若くても、様々な原因で動悸を経験することがあります。その一つがストレスです。精神的にストレスがかかるような環境が続いていると、特に激しい運動をしているわけでもないのに心拍数が上がったり、心拍のリズムが乱れることがあります。今まで経験したことが無い方だと、何かの病気になったのではないか、と思うこともあるでしょう。では、具体的な対処法には何があるのでしょうか。

 

【薬の服用で動悸を抑える】
突発的に発生する症状を抑える薬には、即効性が求められることが多くあります。では、動悸という症状を抑制するための薬には、即効性があるのでしょうか。実際、症状がどのタイミングで発生するか、という点は予想できず、それが不安に不安を呼んで悪循環になってしまうことがあります。さらにストレスを溜めてしまわないためにも、薬を正しく用いる必要があります。

スポンサーリンク

【抑制する薬を正しく用いる】
効果的な薬は幾つか挙げることができますが、広く用いられているのは、『インデラル』というものです。こちらは、動悸による心拍数の増加、また、心拍の乱れに即効性を期待することができます。いつ発生するかわからない症状において、即効性があるというのは安心ですね。ただし、当然ですがこの薬はあくまで症状の緩和剤であり、即効性があるものの根本的な症状の解決をするものではありませんから、併せて根本原因の治療が必要となります。

 

【即効性があるから安心…ではあるものの】
心拍数が何らかの条件下で上昇するというのは不思議なことではありません。しかし、突然に発生する動悸は、命に関わる心臓の疾患に関係している場合もあります。そういった重大なものかどうかを自分では判断するのは難しいですから、症状が頻発する場合は特に、病院で精密検査を行う事をお勧めします。

 

動悸を抑える薬は、即効性がありますが根本的な解決にはなりません。精密検査を行い必要ならば長期的な治療を行う必要があります。

スポンサーリンク