MENU

動悸に効く動悸薬は薬局などで市販されている?

スポンサーリンク

動悸という症状を抑えるために動悸薬を用いる場合がありますが、それは薬局などで市販しているのでしょうか。また、病院で処方される薬とどのように効能が異なっているのでしょうか。

 

【「動悸」の大変さ】
心臓は全身に血液を送り出すポンプというとても重要な役割を担っています。それは私達の生命維持活動に欠かせないものですから、一生その機能をきちんと果たしてもらわなければなりません。しかし、私達は時にその心臓の鼓動に異変を感じることがあります。それがいわゆる「動悸」です。動悸と聞くと、ある程度年齢を重ねた人が感じるもの、というイメージが強いかもしれませんが、若い人であっても動悸を感じることがあります。では、動悸はどのような原因で発生するのでしょうか。また、動悸を抑える動悸薬はどのように効果的で、薬局などで市販されているのでしょうか。

 

【動悸の原因とは】
心臓の鼓動がいきなり速くなったり、鼓動が一定のリズムだったのがいきなり乱れたりするのが動悸です。運動をしたときや緊張した時に感じる強い鼓動のことでは無く、動悸に関しては確実に異変であると分かります。もちろん、人によっては気付かないこともあります。また強い動悸は呼吸困難や意識障害を招くこともあります。心臓の病気が起因となる以外には、ストレスなど精神的な要素が関係している場合もあります。

スポンサーリンク

【動悸に効果的な薬】
動悸に効果的な薬…ここでは動悸薬と記しますが、その薬には薬局などで市販されているものと、病院で処方せんを必要とするものがあります。薬局などで市販されている動悸薬に比べて、処方箋が必要な動悸薬の方が基本的に効果が高くなっています。薬局等で市販されるものにも効果は期待できますが、どちらにしてもこれらは症状そのものを緩和するだけで、根本的な解決にはなっていません。

 

【動悸の原因治療が必要】
薬局などで市販されている動悸薬を使うにしても、そうでないとしても、そもそもなぜ動悸が頻発しているのか、これが一番重要です。動悸が他の心臓の病に顕れるような症状と併発している場合、すぐに検査を行う必要があるでしょう。また、ストレスに起因する動悸も発生し得ますが、この場合も治療が必要になる場合があります。

 

動悸に効く動悸薬は薬局などで市販されているものよりも病院で処方される薬の方が高い効果が期待できますが、症状そのものを抑えるには原因の治療が最優先です。

スポンサーリンク