MENU

動悸に効く抑制薬とその種類について

スポンサーリンク

いつ起こるか分からないという恐怖がある、動悸という症状、それに対処するための抑制薬には、どのような種類があるのでしょうか。

 

【いつ起こるかわからない、「動悸」】
私達の身体において発生する症状は、私達でさえそれに気付けないことがあります。そういった症状に対して敏感であることによって、より重大な病気を防げることもあります。さて、ではそのようにより重大な病気につながりかねない、『動悸』という症状について考えてみましょう。動悸は、簡単に言ってしまえば、意図していない時に心拍が上昇したり、心拍が一定のリズムから外れて飛び飛びになったりすることです。

 

【心拍が上昇するのは異常ではない】
当然、私達の心臓は血液を送り出すポンプの役割を果たしているわけです。ですから、緊張した時などに、心拍数が上昇するのは至極当然のことです。しかし、異常と言えるのはそういったきっかけが無いにも関わらず急激に心拍数が高まったり、リズムが一定のものではなく乱れるようになります。これは、日常の活動において悪影響を与えることがあります。そこで、動悸を抑える抑制薬を使用することができるのですが、それらにはどのような種類があるのでしょうか。

スポンサーリンク

【抑制薬の種類と効能】
基本的に、薬の種類には病院で処方される薬と、市販している薬があります。一般的に効果が高いのが前者であり、抑制薬も例外ではありません。抑制薬の一つに、βブロッカー(インデラル)という薬の種類があります。これは、服用することによって動悸による心拍数が上昇するのを抑制する効果が期待できます。動悸が発生するというストレスによる悪循環も防げるので効果の高い薬であると言えます。ただし、そこまで効能時間は長くありませんし、効果には個人差があります。

 

【抑制薬を用いる際の注意点】
当然ですが、他の薬と同様、誤った用い方をすることによって重大な副作用を招く危険性があります。抑制薬を誤った仕方で用いることによってさらに症状がひどくなってしまったり、意識障害になることもあります。また、服用の際は食べ合わせにも注意する必要があるでしょう。この点において、医師から指示された服用方法をきちんと守って使用するようにしましょう。

 

動悸を抑えるのに抑制薬は効果的ですが、抑制薬の種類や用い方によっては副作用を招いてしまう危険性があるので特定の種類の薬を用いる際は注意する必要があります。

スポンサーリンク