MENU

動悸と鼻血の関係 考えることが出来る病気は?

スポンサーリンク

動悸と鼻血が同時に起こることがありますが、どのような関係かるあるのでしょうか。そしてどのような病気を心配しなければならないかここで考えてみましょう。

 

【動悸と鼻血の関係について考える必要がある】

 

動悸も鼻血も日常生活においてよく起こりうることかもしれません。しかし動悸と鼻血が同時という時、尚更病気について心配もするでしょうし、どんな関係があるのか考えることもあります。

 

【鼻血の原因って何?】

 

鼻血ってそもそもなんなのでしょうか。鼻血のほとんどはキーゼルバッハ部位と呼ばれる、鼻の入り口あたりから1センチくらいの場所の小鼻から出血していると言います。キーゼルバッハ部位は、粘膜が薄くて毛細血管が集まっている場所だから、少し傷ついたとしても出血を簡単にしてしまうことになります。だから、鼻血が日常生活で起こったとしても基本心配する必要はありません。

スポンサーリンク

【鼻の奥の鼻腔の粘膜からの出血】

 

ただし鼻血の原因が鼻の奥の鼻腔の粘膜からというケースもあります。鼻の奥の鼻腔の粘膜からの出血の場合、高血圧や動脈硬化の病気など関係していて、更にがんの可能性もありますので鼻血と言えども注意をする必要があります。

 

【動悸と鼻血の関係は……】

 

動悸と鼻血と関係しあっているときどのような病気を考えることが出来るのでしょうか。乾燥すると粘膜が弱って出血しやすい状態となり鼻血を起こすこともありますし長時間の入浴で鼻血になる場合もあります。 それは病気とまでは言えない症状です。

 

しかし日常生活においてこのような症状の対処方法についてもしっかり考えたいものです。

 

【自律神経失調症に】

 

動悸と鼻血の関係はストレスがたまることで、自律神経が乱れて起こる自律神経失調症などを考えることが出来ます。その病気は動悸と鼻血、更に耳鳴り、息切れ、無気力、気分が落ち込むなどの症状があらわれます。

 

動悸と鼻血が関係して自律神経失調症という病気にかかった場合、やっぱり日常生活において見過ごせる症状ではありませんので心療内科を受診して病気完治を心掛けるようにしてください。

 

 

スポンサーリンク