MENU

夜中の動悸のパニック 対処方法について考える

スポンサーリンク

夜中に激しい動悸が……。それはパニック障害かもしれません。そのときどのような対処方法について考えれば良いのでしょうか。

 

【つらい夜中パニックの症状】

 

夜中動悸や不安、緊張、吐き気、めまい……一度パニック障害になった人たちはとてもこの病気がつらいことを知っています。それは海で溺れて呼吸ができないで苦しんでいるのに周囲の人たちが誰も助けてくれないつらさです。その時死んでしまった方が楽かもということをつい考えてしまうかもしれません。

 

このときみなさんは既に頭の中がパニックに陥っているのです。でも周囲の人たちはこんなにも苦しんでいるのに大したことはないと思っていたりするのではないでしょうか。

スポンサーリンク

【夜中パニック障害で起こるバクバクの動悸の対処方法】

 

夜中パニック障害が起こるバクバクの動悸に対してどう向かって行けば良いのでしょうか。対処方法として大事なのは心臓に心があると思わないことと言います。多くの人たちは未だ心臓が心と思いこみをしているのではないでしょうか。

 

ちょっとした動悸でも大事に感じてしまうのは、心臓がイコールココロと思っているから死んでしまうかもというとんでもない不安要素を抱えパニックに陥ってしまうことになります。心臓にココロをおかないというのは、心臓に対して意識を向けないということです。

 

意識をここへ向けてしまうから動悸の症状って更にひどくなってしまうことになります。

 

【ならばココロって一体どこにあるの?】

 

ならばココロは脳にあると思ってもパニックのバクバク動悸症状は改善してくれないでしょう。 ココロって身体のどこにも存在してないと思うことが出来れば良いのです。 ココロが身体のどこにも存在してないという思いこそ、夜中に動悸症状が起こらない対処方法として考えることが出来ます。

 

【対処方法 体質を改善する】

 

とはいうものの何か対処方法が抽象的という感じもしますよね。もっと具体的対処方法についてお話しすれば夜中の動悸パニックに効果的なのは「食事」、「運動」、「睡眠」をしっかり意識することです。 あなたの身体を作っているのは間違いなく食事です。 そして適度な運動と良い睡眠であり、つまり当たり前の日常生活を過ごすことが対処方法となりそうです。

 

レトルト食品やインスタントラーメンに依存した生活はNGですしちょっとずつカラダを動かす事を習慣にしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク