MENU

薬の離脱症状として動悸など症状がある

スポンサーリンク

薬とは私達が病気に苦しんでいるときに症状を緩和してくれたり痛みを抑えてくれたり、治癒するためにとても大事なものです。しかし同時に私達は離脱症状についても考える必要があるのではないでしょうか。そもそも離脱症状とはどのようなことを言うのでしょう。

 

【離脱症状とは…… 動悸が起こる】

 

離脱症状に深刻に悩みを持っている人たちも大勢います。 睡眠薬に頼る人たちも多くいますが、同時に離脱症状が恐いという声も多く聞きます。離脱症状とは簡単に言えば、薬をやめた時出現してしまうことになる様々な状態を言います。

 

例えば抗うつ剤、精神安定剤などを中止したとき吐き気やめまい、体の震えや極度の緊張感、不安感などがあり動悸も含まれて来ます。幻覚を見てしまうこともあります。

 

【睡眠薬は安全だから動悸など症状は起こらない】

 

特に睡眠薬など寝ることが出来ないときには気軽に使用しようというモチベーションって起こるものです。そのとき医師から処方してもらったから安心して使用出来ると思ってしまうかもしれません。確かに医師に相談するということはある意味安全が確保されたようなものであり、睡眠薬自体もより安全性が向上しているはずです。

スポンサーリンク

【マイスリーを処方される】

 

医師に相談してマイスリーが処方され離脱症状として動悸が起こるかもしれません。医師もマイスリーは安全とも思いこみがあって自信をもってすすめることがあるようです。

 

マイスリーは非ベンゾジアゼピン系であり、それは実際に急性の離脱反応の危険性があるとされていますが、依存症の危険性についても精神科医が知らないケースが結構多いようです。動悸程度は医師の判断の範疇にはそもそも入ってないのかもしれません。

 

少々動悸が起こったとしても医師はその薬を使用して安全と言いきっているケースはあるのかもしれません。何に注意をしなければならないかといえばやっぱり動悸にならないために長期間の服用をしないことです。多剤併用も多くのリスクを抱えています。

 

 

スポンサーリンク