MENU

薬服用後に動悸の症状も何か心配 原因は?

スポンサーリンク

動悸の症状が起こる人たちはいろいろな原因について考えることが出来ます。大勢の前で話しをしたりするとき緊張して心臓がドキドキすることがあります。 不安や緊張、ストレスがあれば、交感神経の働きが高まることで筋肉が緊張して血圧や心拍があがって、呼吸が浅くなったりし、副交感神経が活発になれば、血圧や心拍もさがることでリラックス出来る状態になります。

 

【動悸の症状を心配しなければならないケース】

 

しかし緊張しないシーンにおいても動悸の症状が起こる場合があり、そのとき原因として心臓や肺の病気だったり、心の病を考えることが出来ます。自分でその症状の原因をなかなか究明出来ないのならスピーディーに医師に診てもらうモチベーションが大事です。

 

【薬服用後、動悸の症状の原因とは?】
過剰な興奮や緊張状態のとき動悸の症状が起こることはほぼ当たり前のことと考えて良いでしょう。しかしカフェインやアルコールの飲み過ぎが原因というのではちょっと心配ですね。

 

アルコールだけでなく、カフェイン・ニコチンも自律神経を刺激するものであり、血圧を変化させて脈拍を速める作用をもたらします。更に原因として甲状腺に関する疾患や、精神疾患などの病気について考えることが出来、狭心症・心筋梗塞、低血糖症、更年期障害、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)なども原因としてあげることが出来ます。

スポンサーリンク

【薬服用後、市販の薬も心配】
原因として薬服用後起こることもあります。現代人は市販の薬を案外気楽なモチベーションで購入するから尚更心配な面を抱えています。薬服用後かすみが多くなって、このまま失明してしまうかもということを心配される方々もいます。動悸の原因も薬服用後市販薬の副作用は、アレルギー反応の一種と考えることが出来ます。薬服用後にその成分に体の免疫機能が過剰に反応することがあります。

 

動悸以外には肺に現れると空せき、呼吸困難を伴なった間質性肺炎になる場合もあり、スティーブンス・ジョンソン症候群などに陥る場合もあります。 薬服用後には症状が悪化すると死に至る危険な病気も潜んでいたりします。

 

 

スポンサーリンク