MENU

20代の若い動悸の原因について

スポンサーリンク

心臓の動きがいつもよりも速いと感じることもあります。
このような症状が現れたときには、動悸の可能性が高くなります。
これは中高年に多いと考えられている悩みとなっていますが、20代でも動悸は発生するようになっています。
このように若い世代で発生する症状の原因が気になります。
動悸とは普段は感じることがない心臓の鼓動のことになります。
不快な症状があったり、病気が原因となっていることもあります。
このときに考えられる病気としてはどのようなものがあるのかというと、心筋症や心筋梗塞や弁膜症、甲状腺機能亢進症やホルモンの病気や貧血などが考えられています。
この他に考えられる原因としては、不安神経症やパニック障害や過換気症候群や精神や神経に関する疾患が考えられています。
たくさんの人の前に出て緊張をしたり、激しい運動をしたときに心臓の鼓動を感じることがありますが、これでも症状を訴える人がいます。
寝不足やストレスや疲れがたまっているというようなことでも発生するようになっています。
普段は健康な人でも、日常生活の中で発症する可能性があります。

スポンサーリンク

若い20代の人が発症する原因として考えられているのは日常生活となります。
アルコールの摂取や喫煙によって症状が現れることがあります。
アルコールを摂取することで、エタノールが分解されるようになっていますが、この過程でアセトアルデヒドという物質が発生するようになっています。
その結果動悸や頭痛を引き起こすと言うようになっています。
アルデヒドは酵素によって分解されるようになっていますが、アルコールの弱い人では、酵素が少なく動悸が発生しやすくなっています。
喫煙の場合にはニコチンの働きによって心拍数や血圧が上昇するようになっています。
このほかに若い20代の人に見られる原因としては、貧血があります。
貧血とはどのような仕組みとなっているのかというと、赤血球の中に含まれるヘモグロビンという色素が不足している状態となります。
ヘモグロビンが不足していると言うことは、酸素を働く能力が低下してしまうので、心臓がいつもよりもたくさんの血液を排出しようとします。
その結果動悸の症状が現れるようになっています。
甲状腺の病気が関係していることもあります。

スポンサーリンク