MENU

自律神経が原因の動悸や薬の種類

スポンサーリンク

動悸に悩まされているという人は少なくありません。
しかし症状がそれほど重くないという場合には、自分で不快な症状を抱えたままとなっている人も少なくありません。
そのまま放っているという人もいますが、そこには恐ろしい病気が隠されていることもあるので、注意が必要となります。
動悸というのはどのような症状が現れるようになっているのかというと、脈拍が早くなることを言います。
心臓は1分間に約50回から100回という脈を打つようになっています。
自分でも確認することができます。
手首の親指の付け根部分を触ってみると、脈拍を感じることができます。
ここで回数を確認することができます。
動いた後は少し脈拍の数が多くなる傾向がありますが、これが必ずしも動悸につながると言うことはありません。
一定の間隔で1分間に120回以下で、安静にしていることで脈拍が下がってくると言うようなことであれば、とくに心配する必要はありません。
しかしここで注意をしなければいけないのは、急に1分間に120回から130回という脈拍の場合です。
これは不整脈の可能性が高くなっています。

スポンサーリンク

なぜこのように動悸が発生してしまうのかが気になります。
ストレスが原因となっていることが多くなっていますが、その背景には自律神経の乱れがあります。
怖くて外に出ることができなかったりというように、生活に支障が出てしまうこともあります。
自律神経の乱れが原因となっていますが、人間はストレスを受け続けると、体が緊張状態と判断し、交感神経が活発になります。
交感神経が活発になれば血圧が上昇します。
血圧が上がって心拍数が上昇することになるので、症状が現れやすくなっています。
自律神経が関係していることが多くなっていますが、年齢に関係なく発症する人がいます。
治療方法としては薬が処方されるようになっていますが、どのような種類のものを使っているのかわからない人が多くなっています。
その中で抗不安薬は生活に支障を来していたものが、動悸が現れたときに処方されるようになっています。
直接心臓に作用するというような薬ではありませんが、不安を和らげたり緊張をほぐすというような効果が期待されています。
薬による治療の種類としては、内服薬のほかに漢方で治療をすることができます。
1つの種類ではなく、ほかのものも持って行くようにします。

スポンサーリンク