MENU

低血圧から来る動悸は、塩分の量と関係が強いかも

スポンサーリンク

高血圧ばかりが危険な内容だとよく言われていますが、低血圧でも様々な病を引き起こしてしまう可能性を秘めています。
血圧の仕組みを理解するために、よく例えられれる例にホースがあります。
ホースを握りしめれば、水が勢い良く出ますが、手の力を弱めると水の出る勢いが弱くなります。
低血圧とは、手の力を弱めた姿とよく似ており、血流の勢いが弱くなるのです。
血流の勢いが弱くなれば、酸素を各細胞に届けにくくなります。
早く届けようとする働きが、心臓の働きを速める動悸へと変わってしまう事もあります。
血圧の力は、血液中の塩分濃度と深く関係を持ち合わせています。
血管は、塩分濃度をある一定に保つ働きがあります。
塩分濃度が少なければ、血管の中に溜め込む水分を少ない量に抑えます。
水の量が減れば、血管にかかる圧力が低下するため、低血圧になってしまうのです。
その結果、血流のスピードが遅くなり、スピードを速めるために動悸が生じてしまいます。
心臓に負担をかける生理反応であり、塩分との関係をしっかりと認識しておく事が重要です。
夏場は、汗として塩分が失われやすいため、特にスポーツを行っている方は注意が必要です。

スポンサーリンク

低血圧を改善する場合、塩分との関係から塩分を補給する事が推奨される事があります。
血圧が低い状態とは、血管の力が弱まっている可能性もあります。
弱まっている血管に対して、急に圧力を高めてしまうと、血管が潰れてしまう可能性も高まってしまいます。
軽い運動を行いながら、血管の強さを強めて行く事も忘れてはなりません。
動悸のサインは、酸素不足に対するサインです。
息を全て吐き出し、新鮮な空気を吸い込む事で、動悸を抑える事が出来る可能性もあります。
個人で改善に取り組む事に不安を抱えている場合は、医療機関に足を運ぶ決断も重要です。
自身が抱える塩分濃度を把握する事によって、日々の食事に対する意識を改める事にも繋がります。
低血圧は、代謝活動を弱め太る原因との関係も持ち合わせています。
ダイエットを行っている場合は、逆効果として働く事もあります。
動悸は、高血圧でも起きる事もあります。
低血圧との関係を把握するためにも、家庭に一個は血圧計を持ち合わせておく事も大切です。
血圧は、日中に変化を起こすため、チェックを行う時間帯を決めておく事もポイントです。

スポンサーリンク