MENU

動悸の薬の成分と吐き気について

スポンサーリンク

胸がどきどきすると言うことがあります。
これは動悸と呼ばれるようになっていますが、原因としてはいくつかのことが考えられています。
その中で興奮をしてしまったり、カフェインやアルコールを摂取することで、自律神経を刺激して血圧を変化させてしまうというようなことが考えられています。
この他に動悸の原因として考えられているものの中に病気があります。
狭心症や不整脈やバセドウ病、このほかには更年期障害などがあります。
精神的なことが原因となっている場合には、抗不安薬や抗うつなどが原因となっていることがあります。
動悸の症状が現れたときには、医療機関を受診するようにします。
医療機関では薬が処方されるようになっていますが、このときには薬の成分や副作用に関してしっかりと理解をしておく必要があります。
動悸というのは、心臓の動きを強く感じるというようなものとなっています。
脈拍が乱れることもあります。
激しい運動をしたときに息切れをすることがありますが、軽い運動をしたときにも息切れがするという場合には、動悸の可能性が高くなります。

スポンサーリンク

治療の際には薬が処方されるようになっていますが、しっかりとその成分を把握し、治療を進めていくことが必要になります。
薬と言うことで副作用の可能性も考えられます。
薬を服用する際には注意が必要となりますが、心臓の機能が低下しているという場合には、発疹やかゆみや吐き気や嘔吐というような症状が現れることがります。
心臓機能の改善を行うための市販薬がありますが、これらの多くは漢方となっています。
したがって成分が緩やかで吐き気などの副作用も軽くなっています。
しかし服用の際には注意が必要となります。
強い副作用が現れたときには、服用を中止して医師に相談をする必要があります。
長期間服用し続けると、依存症や禁断症状が現れることがあります。
種類によって体に現れる副作用に違いがありますが、歯肉が厚くなったり血圧が低下したり頭痛やめまいや吐き気などがあります。
意識障害と共に広い範囲にわたって発疹や発熱などが見られた場合には、命の危険があるので注意をしなければいけません。
服用をしても大きな問題がないか医師としっかり相談するようにします。

スポンサーリンク