MENU

自律神経失調症と動悸、効果のある薬

スポンサーリンク

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって起こります。
それになると、息苦しさや手足の痺れ、動悸やめまいに吐き気など、様々な問題を引き起こします。
 しかし、これは病気ではないので、病院へ行っても何の異常もないと診察されることが多いと言えます。
 では、一体何が原因でそれが引き起こされるのかと言いますと、ストレスが考えられます。
これは対人関係のトラブルが引き金となることが多いとされています。
 このため、職場の同僚と揉めているのであれば、配置換えなどを希望するようにしましょう。
過労が影響している面もあるので、そこも意識しておく必要があります。
 他の病気を患っていることが原因で、自律神経失調症になることもあります。
これは連動しているのではなく、先に説明したようにストレスが影響しているのです。
 この場合、効果のある薬とは、その病気を治すためのもの、ということになります。
疾患が精神的なプレッシャーとなり、他の不調を持たすことは、決して珍しくありません。
そこを意識するようにしましょう。

スポンサーリンク

 自律神経失調症の症状としては、動悸や息苦しさによる不眠もあります。
眠れないとそれがストレスとなり、胃腸の働きを低下させ、栄養摂取が困難になるという面倒を引き起こすこともあるので、睡眠薬を使うのがよいでしょう。
 これは使用前に担当医から許可をもらった方がよいと言えます。
素人が自分の判断でそれをやると、他の問題を起こすことが多いからです。
 薬では一時的な効果しか望めないので、自然に眠るようにしたいというのであれば、睡眠の直前まで液晶画面を見る、というのは控えるようにしましょう。
これは脳を興奮状態にさせ、眠りを浅くする原因になるからです。
 お風呂に入るのも大切です。
これはリラックス効果を持つ上に、身体の凝りをほぐすという意味も持つからです。
 このときはぬるま湯に浸かり、手足を伸ばすようにしましょう。
そうすることでストレスを解消するという意味も生じるのです。
 家族にも言えない悩みがあるというのであれば、それを専門医に相談するというのも大切です。
誰かに心配事を打ち明けると、それだけで気分が楽になるからです。
 自律神経失調症で動悸がして苦しいというのであれば、これらの方法を試してみましょう。

スポンサーリンク