MENU

動悸とリーゼの成分と作用について

スポンサーリンク

体の不調を訴えて病院を受診するという人が多くなっていますが、このなかで精神安定薬が処方されることがあります。
このような薬が処方されたときには、症状が改善したときには服用をやめてしまうという人が少なくありません。
このときに注意しなければいけないことは、自己判断で薬の服用をやめないと言うことになります。
リーゼという薬がありますが、これは心身症の中で身体症候や不安や緊張や焦燥や抑鬱や睡眠障害などに効果があると考えられています。
このほかに神経症にも作用すると考えられています。
不安や緊張や抑鬱や神経衰弱や脅迫や恐怖、このほかには睡眠障害などに作用すると考えられています。
動悸の際に処方されるようになっているリーゼですが、用法や用量が気になります。
リーゼの用法や用量に関しては、1日15ミリグラムから30ミリグラムを3回に分けて服用するようにします。
動悸は年齢や性別に関係なく発症するようになっています。
動悸を感じたときには、激しい運動をせずに安静にしておくことが必要になります。
そして病院を受診するようにします。

スポンサーリンク

リーゼには動悸の治療に有効な成分が含まれています。
その成分をしっかりと作用させるためには、使用上の際にしっかりと注意をしなければいけません。
基本的な注意は次のようになっています。
服用をしてはいけない場合は、重症筋無力症となります。
また慎重に服用をしなければいけないこともあります。
それは心機能障害や肝機能障害、このほかには腎機能障害や脳の器質的障害となります。
小さい子どもや高齢者や衰弱をしているという人の場合は、成分の作用が強くなってしまうことがあるので、注意が必要となります。
また薬と言うことで副作用に関しても注意をしなければいけません。
重い症状としては薬物依存があります。
服用量が急に減少したり服用を中止することによる離脱症状として、痙攣発作や震えや不眠や不安や幻覚、妄想などがあります。
さまざまな錠型がありますが、食事をした後に服用するというのが基本となります。
1日1回の服用量や服用時間や服用奇数に関して、医師や薬剤師の指示にしっかりと従うことが必要になります。
長期服用の際には定期的な検査が必要となります。

スポンサーリンク