MENU

妊娠すると動悸や吐き気の症状が現れます

スポンサーリンク

妊娠すると、女性の体は劇的に変化します。
赤ちゃんを守り育てるため女性の体の中では女性ホルモンの分泌が盛んになります。
そのため、さまざまな身体的症状があらわれてゆきます。
妊娠初期におこるのはつわりです。
妊婦の8割がつわりを経験すると言われています。
つわりの代表的なものに、吐き気・眠気・胃のむかつき・食欲不振・動悸・めまい・息苦しさなどがあります。
特に吐き気は、つわりを経験する妊婦にはとても多いもので、妊娠初期から安定期に入る頃まで吐き気に苦しむ人も少なくありません。
一昔前までは赤ちゃんの分まで食べろと言う風習でしたが、今ではつわりの期間は妊婦の好きなものや食べられるものを少しずつ食べるというスタイルになっています。
食べることが出来る食品や飲み物などを見つけてつわりを乗り越える工夫をしましょう。
つわりがひどく、食事も水分もまったく受け付けることができないなどの症状が現れた場合は治療が必要になります。
だれにでもおこるつわりだからと無理や我慢をせず、嘔吐がひどい時や食事が困難になってきた場合は速やかに受診して治療することが大切です。

スポンサーリンク

吐き気と同じように多い症状として動悸が挙げられます。
妊娠するとプロゲステロンなどの女性ホルモンの分泌が増えます。
これらのホルモンが動悸や息切れの原因となっています。
また、赤ちゃんへの血液量の増加に伴って、妊婦は貧血になりやすくなります。
鉄欠乏性貧血は動悸や息切れ・めまいなどを引き起こします。
さらに、赤ちゃんへ酸素を送ることで、全身に血液を送る心臓もフル活動となり、動悸が起こりやすくなります。
妊娠中期から妊娠後期になると、胎児の成長に伴いお腹が大きくせり出してきます。
体重増加とともに、妊婦は体を動かすたびに動悸を起こしやすくなります。
息切れや動悸が起きた時は、まず安静にすることを心がけましょう。
ドキドキがおさまるまで横になったり座って安静にすることで少しずつ回復してゆきます。
しかし、安静にしていても治まらない場合は病院を受診しましょう。
体を温めることも効果があります。
足を温めたり、腹部を温めることで血行がよくなり、心臓への血の巡りもよくなります。
家にいる時や外出する際も、足元やお腹を冷やさないようにすることも大切です。

スポンサーリンク