MENU

30代や40代に多い動悸の原因とは

スポンサーリンク

普段の生活の中では感じない心臓の拍動を、自分自身が感じる症状の動悸が気になっているという人は多くいます。
動悸の症状が起きる原因は人によって様々な要因が、考えられていて人前で話さなければならい緊張状態や過剰な興奮状態によるものや、カフェインやアルコール類の飲み過ぎなどが原因となる場合もあります。
また心臓や甲状腺に何らかの以上がある場合などの、体の疾患によるものや服用されている薬の副作用で、動悸の症状が出ているという人もいます。
胸がドキドキする症状が出た場合には、まずは体の安静を保つことが重要です。
しかし症状が改善されない場合や胸の痛みや、呼吸がしづらいなどの症状が出るようならばすぐに専門の医療機関の受診が必要となります。
安静時に動悸の症状が起きるのは心臓であったり、内分泌ホルモンに問題を抱えている場合があるからです。
専門の医療機関へ行く場合は脈拍数と脈拍の強さなど、分かる範囲で構わないのでチェックしてから診察を受けるようにします。
ここでは30代や40代に多い動悸の、原因について説明していきます。

スポンサーリンク

30代や40代の人に多く見られる動悸の原因として、考えられるのが更年期障害によるものです。
更年期障害というと女性特有の症状と捉えている人も、多くいますが男性も症状として多く現れています。
更年期障害はホルモンバランスが崩れることによって、自律神経がうまく機能しなくなる症状です。
心臓の拍動は交感神経と副交感神経の自律神経によって、コントロールされているものです。
しかしストレスや体の変化に心が付いていけないことで、バランスが崩れ更年期障害を発症してその中の症状として多く見られるのが動悸です。
30代から40代という年代は体のバランスが、崩れやすい年代でもありそれに大きな精神的な負担がかかることで、体の不調へと繋がってしまう場合があります。
更年期障害が原因の場合には専門の医療機関での、ホルモン療法や飲み薬などで治療を進める場合が多いです。
医療機関の中には精神安定を助ける、漢方などを処方する所もあります。
また自分自身で出来ることとして、食生活の改善をすることも有効です。
ホルモンバランスを整える為に、大豆イソフラボンの代謝物であるエクオールが含まれている食品などを、積極的に摂取することが有効とされています。

スポンサーリンク